腎移植後 内科・小児科系合併症の診療ガイドライン 2011 - 日本臨床腎移植学会ガイドライン作成委員会

日本臨床腎移植学会ガイドライン作成委員会 腎移植後 小児科系合併症の診療ガイドライン

Add: oxysiq29 - Date: 2020-12-08 21:24:29 - Views: 7990 - Clicks: 7237

現在も生体膵臓移植のドナーとなった方のフォローをしている状況ですが、皆さん大きな異常なく、元気にしていらっしゃいます。しかし、生体膵臓移植によってドナーの膵臓は半分なくなっているため、将来的に糖尿病を発症する可能性があります。 勿論、生体膵臓移植のドナーになっていただくにあたり、そうした危険性はご説明しますが、生体膵臓移植のドナーとなった場合の将来的な合併症や予後などを考えると、脳死ドナーが出た場合には脳死膵臓移植を行う流れが理想的です。これは膵臓のみならず、他の移植においても同じであり、生体移植がスタンダードだという考えは是正しなければなりません。今後は脳死ドナーからの移植が中心になるべきだと考えます。. 薬剤性腎障害 診療ガイドライン 厚生労働省科学研究費補助金 平成27年度日本医療開発機構 腎疾患実用化研究事業 腎移植後 内科・小児科系合併症の診療ガイドライン 2011 - 日本臨床腎移植学会ガイドライン作成委員会 「慢性腎臓病の進行を促進する薬剤等による腎障害の早期診断法と治療法の開発」 薬剤性腎障害の診療ガイドライン 作成委員会. See full list on takamatsu.

03 倍リスクが増える),他の抗がん薬の併用,血清カリウム,心・血管系疾患や糖尿病の合併,進行がん,シスプラチン総投与量などが報告されている。しかし,それぞれの報告でAKI の定義が一定しておらず,さらにリスク因子の閾値が明らかではなく,リスク因子を有する場合の対応についても確立していないなど,今後の検討課題は残る シスプラチンは多くのがん種に対する抗がん薬治療のkey drug であり,もっとも汎用されている抗がん薬の一つである。しかし,シスプラチンには骨髄抑制や消化管毒性,神経毒性などが知られ,なかでも腎毒性はその後のシスプラチン投与規定因子ともなりうる重要な副作用である。シスプラチン投与症例の1/3 はAKI を合併すると想定され1),AKI によりその後のシスプラチン投与が制限されることも少なくない。さらにAKI から慢性尿細管間質線維化症や不可逆的な慢性尿細管症となりCKD に進行することもある2, 3)。本稿ではシスプラチンによるAKI 発症を予測するリスク因子を検した。 シスプラチンによる腎障害はおもに近位尿細管,とくにS3 セグメントの障害によるとされている4)。シスプラチンが基底膜側から細胞内に取り込まれ,ミトコンドリアDNA を障害してアポトーシスが活性化する。さらにシスプラチンの細胞内沈着により,炎症や酸化ストレス,虚血性障害も発生する2)。また,低マグネシウム血症も腎障害の原因の一つと考えられている。マグネシウムは腎尿細管における能動輸送機構に関与するとされ,Sobrero らは低マグネシウム血症により腎尿細管細胞におけるシスプラチン濃度が上昇し,近位尿細管障害が起こると想定している5)。 de Jongh ら6)は,局所進行性あるいは転移性悪性腫瘍400 例に対するシスプラチン毎週投与症例を検討した。400 例中36%はシスプラチン単剤,49%はエトポシド,15%はパクリタキセルを併用している。Ccr 25%以上の低下は116 例(29%)にみられ,腎障害によるシスプラチン投与継続不可症例は29 例(7%)であった。シスプラチン投与後腎機能低下の独立した予測因子は,多変量解析では,パクリタキセル併用(オッズ比4. Author: 日本臨床腎移植学会. カルボプラチンを投与される成人がん患者において,目標とするAUC を設定したうえで腎機能に基づいて投与量を決定する方法は,体表面積に基づく一般的な方法と比較して治療効果を高めかつ副作用を軽減させるというエビデンスは十分ではない。しかし,この腎機能に基づく投与量設定法は合理的であり,かつ日常臨床では広く普及していることから,推奨の強さは「強い」とした。 白金製剤であるカルボプラチンは体内投与後にそのほとんどが腎から排泄されるため,GFR に基づいて体内薬物動態を予測できる。さらに,体内薬物曝露量の指標であるAUC と血液毒性および抗腫瘍効果はよく相関する。そのため,目標とするAUC を設定したうえでGFR に基づいて投与量を決定する方法が広く普及している。GFR はCcr で代用することが多い。本稿では,日常臨床で用いられている,腎機能に基づくカルボプラチンの投与量設定が妥当であるかについて検討した。 カルボプラチンは婦人科がんや肺がんをはじめとする幅広い抗腫瘍スペクトルを有する白金製剤である。体内に投与されたカルボプラチンのほとんどは腎から排泄されるため,GFR に基づいて体内薬物動態を予測できる1)。さらに,体内薬物曝露量の指標であるAUC とカルボプラチンの用量制限毒性である血液毒性,とくに血小板減少,および抗腫瘍効果の相関は強い。したがって,カルボプラチンによる副作用および効果の個体間差は,治療前のGFRに起因するAUCの個体間差によって説明できる2)。目標とするAUC を設定したうえでGFR に基づいて投与量を決定すれば,AUC の個体間差は最小限となり,その結果として重篤な血液毒性や過少治療の危険性を低減させることが期待できる。このような考えから,Calvert らはGFR に基づいてカルボプラチンの投与量を決定する計算式(Calvert 式)を作成し,それは今日まで日常臨床で広く用いられている3)。 Calvert 式:投与量[mg]=目標AUC[mg/mL×分]×(GFR[mL/分]+25) 投与量の計算には,あらかじめ設定された目標AUC と患者のGFR 値をCalvert 式に代入する。臨床試験に基づいてAUC は5~7 に設定されるが,卵巣がん患者を対象としたモデル解析によると,カルボプラチンの抗腫瘍効果はAUC 5~7 でほぼ頭打ちとなる. 73 m2あたりの体表面積補正をしないクレアチニン・クリアランス(Ccr)ないしeGFR(mL/分)に応じた用量調整を行う。体格に応じ,体表面積あたりで用量が定められている薬剤では,体表面積補正(1. ;87:909-17, Clin J A Soc Nephrol.

腎移植後内科・小児科系合併症の診療ガイドライン(編集:日本臨床腎移植学会ガイドライン作成委員会) CKD診療ガイド(日本腎臓病学会) 吉田 朋子 先生. 1186/cc5713)©Mehta RL, et al. 腎機能の低下した患者において薬物有害事象のリスクが高まる薬剤では,減量投与を行うことを推奨する。ただし,治癒を目標とする場合には利益/不利益のバランスを考慮して最終的に投与量を決定する必要がある。 腎は多くの抗がん薬とその代謝物の排泄経路であり,腎機能障害が存在すると抗がん薬の排泄や代謝が遅延して毒性が増強する場合があり,減量投与が考慮される1)。また,肝臓で代謝される抗がん薬であっても,腎機能低下患者で減量を考慮する場合がある。たとえばイリノテカンは透析患者への投与時には減量が必要と考えられている2-5)。またソラフェニブもおもに肝臓で代謝されるが,減量投与を考慮すべきという意見がある6)。本稿では減量投与に関するエビデンスを総括し,主要な抗がん薬について減量指針を提示する。 このCQ3 に答えるには,腎機能低下患者において通常量投与時と減量投与時の薬物有害事象頻度を比較した研究が必要であるが,今回用いた検索式では該当する論文は抽出されなかった。このような研究は倫理的に問題があり,実施が難しいものと推測される。入手可能なエビデンス7-10)の多くは腎機能正常患者と腎機能低下患者(減量投与)における薬剤有害事象の頻度を比較した研究だが,このような研究も非常に少なく,エビデンスの質は非常に低いと判断される(D:効果の推定値がほとんど確信できない)。 推奨度の決定にあたっては利益と不利益のバランスの考慮がとくに重要となるが,減量された場合の治療としての有効性に関するエビデンスも薬物有害事象と同様に不足しており,弱い推奨となった。 しかし実臨床においては,腎機能に合わせて投与量を減量し薬物血中濃度をコントロールしようとする試みが行われており,少数であるが参考となる研究やガイドラインが存在する。たとえばカルボプラチンにおいては第Ⅰ相試験の結果に基づいてtarget AUC とCockcroft-Gault 式による推定Ccr から投与量を計算するCalvert 式が存在する(詳細についてはCQ10 を参照)11)。また,日本人でのデータをもとにした修正Calvert 式も報告されている12)。 日本において減量投与方法を網羅したガイドラインは存在しないが,日本腎臓病薬物療法学会13)が多くの抗がん薬の減量方法について見解を示しているほか(表),各種成書に抗がん薬の減量. 1186/cc2872)©Bellomo R, et al. 10 形態: 28p ; 26cm 著者名: 日本臨床腎移植学会 書誌ID: BBISBN:.

小児ckd診療の一助となり,患児の予後改善につながることを切に願っております. 日本小児腎臓病学会小児ckd対策委員会委員長 小児腎領域の希少・難治性疾患群の診療・研究体制の確立(h29―難治等(難)―一般―039)研究代表者 石倉健司. シスプラチンの分割投与による腎障害の予防は確立していないため推奨できない。 白金製剤,とくにシスプラチンの腎障害には,その主たる排泄器官が腎であることが関係しており,尿細管の壊死が原因と考えられている。腎障害の予防・軽減の方法として,大量補液によるhydration とマグネシウム投与が用いられることが多い。腎障害の予防・軽減を目的として,白金製剤の分割投与法を好んで用いる医師がいるものの,持続投与のほうが分割投与よりも腎障害が少ないことを示した研究が小児がん患者で報告されている。本稿では,現在行われている腎障害軽減を期待したシスプラチン分割投与について,推奨レベルを検討する。 現在までに,腎障害軽減を主要評価項目とした白金製剤分割投与に関する前向きランダム化比較試験は論文として報告されていない。成人を対象に分割投与の腎障害予防効果を直接検証した報告もなく,シスプラチン分割投与を他の投与方法と比較した観察研究が3 件あるのみである。その内容と結果を以下にまとめる。 Forastiere らは,静注(20 分)の5 分割投与と持続静注(24 時間)の分割投与同士を比較し報告している1)。この研究は頭頸部がん患者に対して,シスプラチン30 mg/m2(24 時間)持続静注の5 日間持続静注を6 例に実施し,また別の5 例に対してシスプラチン30 mg/m2(20 分)急速静注の5 日間間欠的ボーラス投与を実施して,総白金濃度,非タンパク結合型白金濃度,有害事象を比較したものである。その結果,24 時間持続静注群における最大非タンパク結合型白金濃度は圧倒的に低いにも関わらず,非タンパク結合型白金への暴露(AUC)は1. 年09月24日 日本内科学会 専門医制度 年度(令和3年度)専攻医 臨床研究医コースの応募開始; 年09月21日 日本内科学会 会費請求について(二次送付) 年09月14日 日本内科学会 『J-CaseMap』にCOVID-19症例が追加されました. 母性内科は全国でも数少ない診療科で、1981年に日本で初めて大阪母子医療センターに設置されました。 その後、1998年に神奈川県立こども病院に設置され、年に当センターの開設に併せ、成育医療の一貫として母性内科が設置されました。. 1mb)でご覧になれます。 本文はこちら このガイドラインを書籍として購入することができます。.

5% 未満である。. 腎移植後内科・小児科系合併症の 診療ガイドライン 編集 日本臨床腎移植学会 年8月1日 発行 発行所 日本医学館 本文はpdf(2. 12現在)をup致しました。 東日本大震災透析医療復興支援のためのご寄付のお願い(平成23年4月). シスプラチン投与時は,腎機能・PS・年齢を考慮したうえでshort hydration を推奨する。ただし,short hydration を安全に行うには,十分な経口水分補給が必須であり,化学療法施行当日から3 日目まで,食事など通常の摂取量に加えて,1 日あたり1,000 mL 程度の追加補給が可能な症例が対象となる。また,経口水分補給が不十分となった場合,迅速に点滴による水分補給が行える環境が整えられていることが必要である。さらに,short hydration を行ううえで,利尿薬(マンニトールまたはフロセミド)による尿量の確保とマグネシウム,カリウムの補給,血清電解質の確認も必要である。 シスプラチンの投与前後には,腎障害予防のためhydration することが定められている。わが国では,シスプラチン投与前後にそれぞれ4 時間以上かけて1,000~2,000 mL の補液投与と,500~1,000 mL 以上の輸液に希釈したシスプラチンを2 時間以上かけて投与することとされている。しかし,このhydration 法は長時間におよぶため,入院する必要がある。以前より,シスプラチンによる腎障害予防のhydration 法を検討した報告がいくつかなされている。そこで今回,2,000~2,500 mL の補液を4 時間程度で投与するshort hydration 法の安全性について評価した。 高用量シスプラチン(≧75 mg/m2)をshort hydration 法で投与した際の安全性について, 年にTiseo ら1)が2 施設における後ろ向き観察研究を報告している。これによると,シスプラチン投与日に計4 時間かけて2,000 mL 程度の生理食塩液とフロセミド投与を実施したところ,腎毒性による化学療法中止が107 例中5 例(4.

ガイドライン jaid/jsc感染症治療ガイドライン ―尿路感染症・男性性器感染症― 一般社団法人日本感染症学会,公益社団法人日本化学療法学会 jaid/jsc感染症治療ガイド・ガイドライン作成委員会 尿路感染症・男性性器感染症ワーキンググループ. 9) 腎移植後発症糖尿病. Am J Transplant ; 9 2011 (Suppl 3) : S66-S70. Amazonで日本臨床腎移植学会ガイドライン作成委員会の腎移植後内科・小児科系合併症の診療ガイドライン 。アマゾンならポイント還元本が多数。. 日本医学館,. 日本臨床腎移植学会ガイドライン作成委員会. ジュベール症候群関連疾患の概要 8 2. 香川県は男性女性ともに本年の報告で健康寿命が改善しました。引き続き、地域連携施設の皆様方とCKD対策に関するさらなる取り組みにより少しでも地域の患者さんの健康に寄与することができればこの上ない喜びですのでCKD早期発見早期治療に対し御協力の程よろしくお願いします。また、香川県内には約2,500名の透析患者さんがおられます。そのうち、100名を超える患者さんが腎移植を希望されています。当院には香川県知事より委嘱された院内ドナーコーディネーターが在職しておりますので臓器移植について不明なところがございましたらご相談ください。 診療の詳細はこちらをご覧ください。PDF:961KB.

診療ガイドラインの作成方法について 1 jsrd診療ガイドライン作成委員会の体制 2 作成経過 エビデンスレベルと推奨グレードについて 用語・略語一覧 3 項目・cqと執筆担当者一覧 5 1. マグネシウム予防投与によりシスプラチン投与後の低マグネシウム血症を予防し腎障害の軽減が期待できる。 シスプラチン投与時には,おもに腎からの排泄亢進と消化管毒性により,低マグネシウム血症が高頻度に発現する。低マグネシウム血症が腎障害を引き起こす可能性も報告されており,マグネシウムの予防投与により腎障害の軽減が期待されている。 高用量シスプラチンを投与した患者においてマグネシウム投与と非投与で腎障害を比較した研究は,これまでにランダム化比較試験が2 件とレトロスペクティブな解析が1 件ある1-3)。 Willox らは,16 例の精巣腫瘍および1 例の卵巣腫瘍でシスプラチン投与する予定の患者をマグネシウム投与する群とマグネシウム非投与群にランダム化し治療を行ったところ,マグネシウム非投与群では糸球体障害(NAG 高値)が有意にみられたことを報告している1)。またBodnar らは,シスプラチン投与予定の卵巣腫瘍患者を二重盲検にてマグネシウム投与群とマグネシウム非投与(プラセボ)群にランダム化して比較し,マグネシウム投与群はプラセボ群と比較し有意にGFR が良好であったことを報告している2)。どちらの研究も,マグネシウム予防投与により腎機能へ好影響が指摘されているが,小規模なサンプルサイズでエンドポイントや統計学的な仮説が不明確である。したがって腎機能障害の予防効果は期待できるが,明確に検証されたとはいえない。 しかしながらマグネシウム予防投与により低マグネシウム血症予防作用が生じ,それに伴い腎障害を含めた有害反応を軽減できることは推察され,マグネシウム予防投与による有害反応も軽微であることを考慮すると,現時点でマグネシウム予防投与は推奨される。. 93/シン: 腎外傷診療ガイドライン: 日本泌尿器科学会: 金原出版:.

東京: 日本医学館, : 24-29. 2 を加える。 安全で効果的な抗がん化学療法を実施するためには,抗がん作用が最大限発揮され,副作用を最小化するような適切な薬剤用量の設定が重要である。腎排泄型の薬剤に対しては,腎機能障害時に薬剤が蓄積し重篤な副作用が出現しうるため,腎機能に応じた用量調節が必要となる。 腎機能評価にはGFR が使用される。海外ではGFR 物質であるEDTA やiothalamate をクロム(Cr,chromium)やヨウ素(I)などの放射性同位元素で標識した51Cr(クロム)-EDTA や125I-sodium iothalamate のクリアランスを用いたGFR 測定1)が,わが国ではイヌリン・クリアランス1)がgold standard である。しかし,GFR を実測するためにはイヌリンや放射性物質により標識した外因性クリアランス物質を静注したうえで,蓄尿を必要とするので検査が煩雑になる。そのため通常は血清Cr からCcr やGFR を推算して用いることが多い。さまざまなGFR 推算式が考案されているが(メモ1)2-8),大部分は慢性腎臓病患者や健常者を対象として作成されており,がん患者に対する有効性. 申請者らは、これまでに急性腎障害(AKI)の発症を超早期に検出できるバイオマーカーとして尿中のミッドカインを発見し、その早期検出性能は血清クレアチニンやNGALと比べて優れていることを見出している。本研究では、腎移植後のAKIを早期に検出する診断技術の開発を目指して、病態基盤. 日本臨床腎移植学会ガイドライン作成委員会編集. 腎移植後内科・小児科系合併症の診療ガイドライン 発行元: 日本医学館.

をいただき、可能な限りそれらを取り入れた。このようにして作成した委員会案を、さら に日本小児内分泌学会の学術集会( 年10 月)やホームページを通して学会員から意 見を募集し、それらを反映して最終的に完成したものである。. ©[]American Society of Nephrology. Renal protection with magnesium subcarbonate and magnesium sulphate in pat.

作成委員会編. 移植腎長期生着のための移植腎機能低下要因の管理~特に非免疫学的要因について~ 谷澤 雅彦(聖マリアンナ医科大学腎臓・高血圧内科) 時系列別にみる移植腎病理の考え方 原 重雄(神戸市立医療センター中央市民病院) 腎移植後拒絶反応に対する方策. 5 mL/kg/時)をAKI の診断基準としており,血清Cr の増加,尿量減少の程度により3 段階の重症度に分類される。さらに重症度は7 日以内の血清Cr の増加,尿量減少で評価する。 Crit Care. . 昭和年、帰国後、九州大学医学部第2内科助手、講師を経て、平成年、九州大学医学部附属病院 腎疾患治療部助教授に就任.腎炎・ネフローゼ症候群、腎不全患者の診療とともに、腎臓研究室の第4代主任として研究室の運営にも当たる.日本.

KDIGO clinical practice guideline for the care of kidney transplant recipients. 腎移植後内科・ 小児科合併症. 73 m2)を用いることが合理的である。Cockcroft-Gault 式を用いたCcr(mL/分)はJaffé 法による血清Cr 値を用いたものである。わが国で一般的な酵素法によるCr 値を用いる際には,実測Cr 値に0. 生体移植とは生きている方から臓器の一部をもらって患者さんに移植する方法で、年ごろは脳死ドナーが少なく生体膵臓移植が行われていました。日本では脳死状態の臓器提供者(脳死ドナー)が年間数例と極端に少なく、ドナーが現れるまでに平均10年の日数がかかっていたからです。当然ながら、重症1型糖尿病の患者さんはそれほど待つことが困難であり、生体膵臓移植はそのような患者さんの需要にこたえる形で導入された術式でした。 現在では年間60例ほどの脳死ドナーがおり、そのうち6割程度(35例)が膵臓移植に適応となっているため、ドナーへの侵襲性が高い生体膵臓移植はほとんど行われていません。. Effects of magnesium supplementation in testicular cancer patients receiving cis-platin:a randomised trial. ;licensee BioMed Central Ltd. シスプラチンによるAKI を予測する因子として,低アルブミン血症,喫煙,女性,高齢(1 歳あたり1.

腎移植後サイトメガロウイルス感染症の診療ガイドライン フォーマット: 図書 責任表示: 日本臨床腎移植学会ガイドライン作成委員会編集 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 日本医学館,. ラインを日本小児栄養消化器肝臓学会のワーキングとして立ち上げ、本症に関連がある学 会からワーキング委員を推薦してもらい、ワーキング委員会を年に発足させた。 本診療ガイドラインを作成するにあたっては、Minds 診療ガイドライン選定部会監修. 小児がん診療. 腎移植後内科・小児科系合併症の診療ガイド 日本旗床腎移植学会 エビデンスに基づくckd診療ガイドライン 日本腎臓学会 腎障害患者におけるガドリウム造影剤使用に関するガイドライン(改訂版) 日本腎簾学会. 腎移植後内科・小児科系合併症の診療ガイドライン. com/content/8/4/R204 Crit Care. 抗がん薬投与量を調整するための腎機能評価には,患者が年齢・性別に応じた標準的な体格であれば,すなわち栄養不良,極端なるい痩あるいは極端な肥満がなければeGFR を用いることを推奨する。栄養不良,極端なるい痩など筋肉量が標準値よりも著しく異なると考えられる患者では,eGFR はGFR を正確に反映しないことがある。そのような場合には,血清Cr 値からGFR を推算するのではなく,蓄尿によるGFR 測定など他の方法を併用することを推奨する。体格にかかわらず固定用量が定められている薬剤については,1. .

利尿薬投与はシスプラチンによる腎障害の予防に明確な推奨ができない。小規模なランダム化比較試験においてその効果が証明されていないため,推奨するだけの根拠がない。ただし,利尿薬投与は1970 年代から広く行われているシスプラチン投与時の腎障害予防法であり,白金製剤を含む治療法の大規模な臨床試験において,本法を用いたうえでの有効性,安全性が示されている。したがって,本法を否定する根拠もない。 1970 年代に補液および利尿薬を用いることで高用量のシスプラチン投与が可能になることが報告されて以来,シスプラチン投与における腎障害予防の方法として,浸透圧利尿薬のマンニトールやループ利尿薬のフロセミドが使用されている。これらの利尿薬投与はシスプラチンによる腎障害予防に有効であるかを検証する。 シスプラチンの第Ⅰ 相試験において,用量規定因子は腎機能障害であることが示された1)。補液と利尿薬により毒性のある白金代謝物を速やかに排泄し尿細管との接触時間を低下させることで腎機能障害を軽減する試みがなされてきた。しかし,薬物動態解析において,利尿薬はシスプラチン投与後の遊離型白金の半減期には影響を与えず,尿中排泄率を低下させ,血清中の白金濃度を上昇させるとされており2, 3),利尿薬が腎障害予防効果を有するとしても,その機序は十分解明されていない。 補液とマンニトールにより腎機能障害が軽減されることを最初に報告したのはHayes らである。60 例のがん患者において,補液およびマンニトール併用下で高用量のシスプラチン(120 mg/m2)が投与された。解析された52 例では,一時的な血清Cr 値の上昇のみで,重篤な腎機能障害は生じなかった。ほとんどの症例で血清Cr 値の上昇は2 mg/dL 未満であり,10 例でそれ以上の上昇を認めたものの,そのうち9 例はベースに腎機能低下があり腎機能障害の高リスク患者であった4)。この報告により,それ以後のシスプラチンを含む治療法の大部分の臨床試験において利尿薬が使用されることとなった。 Ostrow らはマンニトールとフロセミドを比較する最初の試験を行った。既存の治療に耐性となった進行がん患者22 例が,シスプラチン100 mg/m2の投与において,マンニトール37. より改変. ② 背景・目的 抗がん薬による腎障害の頻度は高く,薬剤性腎障害の15%を占めるとされ,抗菌薬,非ステロイド性抗炎症薬に次いで頻度が高い3)。また,抗がん薬による薬剤性AKI もよく知られており,導入化学療法を受けた537 人の急性骨髄性白血病あるいは高リスク骨髄異形成症候群患.

腎移植後 内科・小児科系合併症の診療ガイドライン 2011 - 日本臨床腎移植学会ガイドライン作成委員会

email: izamuf@gmail.com - phone:(488) 125-5433 x 2217

遠花火 - 波木井洋子(1935生) - 三年先の僕を信じて 桓武平春咲

-> 戦国武将 完全ビジュアルガイド - レッカ社
-> 妊活完全ガイド

腎移植後 内科・小児科系合併症の診療ガイドライン 2011 - 日本臨床腎移植学会ガイドライン作成委員会 - ヴィジュアル ダーマトロジー


Sitemap 1

ボトル健康法 - 山本次郎 - 学校経営の本質と構造